理事長杯

PRESIDENT CUP

2022年度 理事長杯優勝

佐々木 一 様

準優勝

中村 優太 様

第3位

鹿島 利夫 様

↓スマートフォンをご利用のお客様はスクロールしてご覧ください

順 位 氏 名 HDCP
(18H)
予選
19日
(18H)
TOTAL NET
IN OUT TOTAL NET
優勝 佐々木 一 10 144 40 42 82 72 216
準優勝 中村 優太 7 146 43 38 81 74 220
3位 鹿島 利夫 8 150 45 42 87 79 229
4位 澤田 昇 12 157 41 48 89 77 234
5位 國枝 昭人 5 155 43 41 84 79 234
6位 臼井 均 9 156 49 47 96 87 243
7位 矢吹 健二 5 154 42 52 94 89 243
8位 山田 和夫 10 157 45 43 88 78 235
競技概要ローカルルール競技特別規則(臨時ローカルルール)
競技方法
競技方法 2022年6月5日(日)第1次予選
18ホールストロークプレー アンダーハンディキャップ

12位迄2次予選進出とする。(繰り上げ進出なし)
*タイの場合はマッチングカード方式により上位者を決定する。

2022年6月 12日(日)第2次予選
18ホールストロークプレー アンダーハンディキャップ

8位迄決勝進出とする。(繰り上げ進出なし)
上位8位タイまでを通過とする。

2022年06月19日(日)決勝
72ホールストロークプレーアンダーハンディ

予選、準決勝、決勝の72ホールのトータルネットスコアで順位を決定する。
※1位タイが出た場合、即日委員 会の指定するホールにおいて、3ホールトータルスコアにより優勝を決定する。尚、ハンディキャップは1/6とする。

参加条件
参加費
  • 2,200円
  • 競技参加申し込みをした後、不都合が生じ参加を取り消さなければならい場合は、8日前迄にFAXまたはご自身で署名を取り消す事。
キャンセル料
  • 3,000円
  • ※無断欠場の場合、以降1年間の3大競技出場資格を失う。
表彰式 2022年6月19日(日) 決勝終了後
表彰:優勝、準優勝
競技の条件
1.ゴルフ規則 日本ゴルフ協会ゴルフ規則および本競技ローカルルール、臨時ローカルルールを適用する。
2.競技委員会の裁定 競技委員会は競技の条件を修正する権限を有し、すべての事柄について、この委員会の裁定は最終である。
3.使用球の規格 『公認球リストの条件・ゴルフ規則付Ⅰ(c)1b』を適用する。(ゴルフ規則参照)
4.使用クラブの規格 『適合ドライバーヘッドリストの条件・ゴルフ規則付Ⅰ(c)1a』を適用する。(ゴルフ規則参照)
5.移動 競技者は正規のラウンド中、いつでも移動用の機器に乗車することができる。
6.天候による短縮・中止 天候等の都合により、競技を短縮、中止することがある。
7.距離計測器 距離計測器の使用を認める。但し、高低差測定器は使用を認めていない。
8.行動規範 競技委員会はプレーヤーがエチケットの重大な違反に当たると判断した場合、ゴルフ規則1.2に基づいて競技の罰を課すことができる。
注意事項
注意事項
  1. 競技の条件又はローカルルールに追加・変更のある時は、スタートホールに掲示し告示する。
  2. 競技委員はエチケット、マナーについて、一般的な常識を超えた場合、競技失格とすることができる。尚、一般常識についての判断は、競技委員会の自由裁量権で裁定する。
    (規則1.2b 行動範囲)
  3. カート以外での喫煙、及びタバコのポイ捨ては競技失格とする場合がある。
    (規則1.2b 行動範囲)
  4. 理事長杯参加者は、来場時に必ず上着を着用しなければならない。
  5. 遅延プレーはその組全体の責任であり、進行には留意し先行組との間隔を空けないようにすること。
    ※規則5.6委員会のプレーペースの方針。
  6. 競技中は、体調管理及び打球事故軽減の為、必ず帽子をかぶり、(サンバイザーは不可、
    女性は可) ウェアはズボンの中に入れること。 (この注意事項の遵守違反は競技失格)
    尚、競技参加者は必ずグリーンフォークを携帯すること。
    (グリーンフォーク未携帯の場合は、スタートすることが出来ない。)
  7. 荒天等によるプレーの中断・再開をする場合は、サイレン及び場内放送で知らせる。
    (規則1.2b 行動範囲)
  8. スコアカードはプレー終了後、速やかに提出しなければならない。
ローカルルール
  • アウトオブバウンズの境界は白杭または黄黒のシマ杭をもって標示する。
  • レッドペナルティーエリアは、赤杭または赤線をもってその限界を標示する。
     尚、レッドペナルティーエリア内のゴムシート部分は、プレー禁止区域とする。
  • 修理地は青杭または白線を持ってその限界を標示し、プレー禁止区域とする。
     球がこの区域内にあるかスタンスが掛かる場合は、救済を受けなければならない。
  • カート道路、管理道路、U字溝、その他人工物は、動かせない障害物とする。
  • スプリンクラーがグリーンから2クラブレングス以内にあり、球からも2クラブレングスの範囲内で
     球とホール間のプレーの線上に掛かっている時は、救済のドロップを受けることができる。
  • グリーン上では芝保護のため、パター以外のクラブを使用することを禁止する。
     違反が起きた各ホールに対し一般の罰(2打罰)を受けるが1ラウンドでは最大4打罰となる。
     (違反が起きた最初の2ホールにそれぞれ2打罰を追加する。)
  • 自分の打った球が、フェアウェイにある距離表示(残りヤード)杭に当たった場合は打ち直しをすることができる。
  • 競技特別規則(臨時ローカルルール)